キャビテーションでサイズダウンしても、以前と同じような生活スタイルではすぐに体型が戻ってしまうこともあります。体型を維持するためにもキャビテーション後のアフターケアは重要です。

キャビテーション後に自宅でアフターケアをきちんと行うと脂肪やセルライトの減少効果が高まり、太りにくい体質へと変わっていきます。そこで今回は日常生活の中でできるアフターケアの方法を5つご紹介しますので、できることからチャレンジしてみてください。

マッサージをする

キャビテーションの施術を受けたら、キャビテーションした部位を毎日マッサージすると良いです。超音波により乳化した脂肪はキャビテーション当日に全て体外に排出されるわけではなく徐々に排出されていきます。

乳化した脂肪を早く体外に排出するためマッサージは効果的です。乳化した脂肪をリンパに流すというイメージでマッサージを行えば、血行も促進されて痩身効果が高まり、むくみも解消されます。

また、エステサロンの中にはアフターケアのマッサージをセットにしているところもありますので、どのようにマッサージするのかという疑問点を解消する為に、キャビテーションとハンドマッサージがセットになっているメニューを利用してみても良いでしょう。

水分補給をする

普段の生活で水分補給をきちんと行っている人は、水分補給が少ない人よりも基礎代謝がアップし老廃物が排出されやすくなります。ダイエット中の場合は、1日1.5リットル~2.0リットルの水を飲む習慣を付けた方が良いと言えます。

キャビテーションを行った直後は、血液中にたくさんの脂肪が溶け出ています。この状態を放置するとドロドロ血によって心筋梗塞や動脈硬化が起こる危険性もあります。ですので、健康な血液状態に戻すためにも、キャビテーション後はたくさんの水分補給を行うようにしてください。

キャビテーションを行う当時は、いつもより多めに水分補給をすることで痩身効果が高まります。

アルコールやタバコは控える

エステのキャビテーションによって乳化した脂肪は、血液や肝臓を通って体外に排出される仕組みとなっています。お酒やアルコールの多飲によって肝機能が低下している人は、脂肪の排出がうまくいかない状態となってしまいます。

ですから、キャビテーションの施術の前々日ぐらいから肝臓を休めて、体調が万全な状態でキャビテーションを受けた方が良いと言えます。また、キャビテーションの施術後も肝臓に負担がかかる時期と言えますので、同じく肝臓に影響を与えるアルコールやタバコは控えた方が良いです。

酵素やミネラルを多く摂取する

エステでキャビテーションを行った後は、アフターケアとして食習慣の改善をするのが理想です。

特に代謝や血行を促す酵素やミネラルは、キャビテーションの効果を高める栄養素となりますので、バランスの良い食生活を通して脂肪を効率良く体外に排出すること、デトックスすることを心掛けるようにしてください。

酵素やミネラルは食材から摂るのが理想となりますが仕事が忙しかったり、外食が多く、日常生活の中でなかなか食べられないという場合は、酵素ドリンクやサプリメントといった健康食品を活用しても良いです。

また硬度の高いミネラルウォーターには水分排出を促してくれるカリウムなども多く含まれていますので、カリウムはむくみ解消にも繋がるので、キャビテーション後の水分補給用として活用しても良いでしょう。

半身浴や岩盤浴をする

半身浴や岩盤浴を行うと代謝のアップによって脂肪が排出されやすくなります。体温がアップするキャビテーション後に、脂肪冷却などの身体を冷やすことを行ってしまうと、せっかく溶け出た脂肪が固まってしまいます。ですので、アフターケアとして身体を温め続けることに徹するようにしてください。

デトックス効果を高めるには、じわじわと体を温めるものがおすすめとなりますので汗が一気に流れ出るだけの高温サウナは適しません。自宅であれば半身浴や足湯などを行うと良いでしょう。

まとめ

キャビテーションの仕組みやメカニズムを把握すると、アフターケアとして行うべきことも自然と選べるようになると言えそうです。キャビテーションはリバウンドのない脂肪溶解法となりますので、きちんとアフターケアをしながらより高い効果を実感してみてください。