初めてエステを受ける人にとって、エステ当日にどのような準備をしていけばよいのか戸惑いますよね。特にエステに行く前や後に予定がある場合、服装やメイクの可否などについては事前に知っておきたいものです。

そこで、エステサロンに行くときの化粧や服装について紹介していきます。明日、エステサロンに初めていくという方も安心できることでしょう。

エステに行くとき化粧して行っても大丈夫?

基本的にフェイシャルエステの場合は、施術前にクレンジングを行うので化粧をして行っても大丈夫です。エステ後は更衣室などでメイクを行うことができるので、自宅から化粧道具を持って行きましょう。

これならエステの前に人に会う予定があったり、サロンが自宅から離れている場合など、身だしなみとして化粧をしなけらばならないという人も安心です。

また、フェイシャルエステの場合、コンタクトレンズを外さなけらばならない場合が多いので、普段コンタクトレンズを使用している人は保存液や保存容器も持参しましょう。

痩身エステの場合は、顔に施術を行わないので、メイクしたままでも良いように思いますが、施術で血行がよくなると顔に多量に汗をかくので、メイクは落としておくほうがオススメです。エステサロンによっては、まれにクレンジング時間を短縮するために、メイクをして来ないように言われることもありますので、事前に確認しておきましょう。

エステに行くときの服装

エステサロンで施術を受ける際は、エステサロンが用意したガウンや使い捨ての紙製下着に着替えるので、エステに行くときは好きな服装で行ってかまいません。ただし、限られたスペースで着替えを行うので、あまり脱ぎ着のしにくい服装は控えたほうが良いでしょう。

また、アクセサリー類も全て外さなければならないので帰るときに忘れたり、紛失したりしないよう、あまりたくさんつけいかないほうが良いです。エステサロンというと高級なイメージがあり、着飾って行かなければならないのでは、と心配に思うかもしれませんが、普段の身だしなみで十分です。

まとめ

ほとんどのエステサロンでは、フェイシャルエステの施術前にクレンジングを行うので、エステに行くときに化粧をしたままでも大丈夫です。痩身エステの場合、顔には施術を行いませんが、施術中に汗を多量にかくので、化粧を落としておくのがおすすめです。

施術後は、サロンのパウダールームなどで化粧やヘアセットを行うことができますので、化粧道具を持参するとよいでしょう。