退治に影響はない?妊娠中でも痩身エステの施術は受けられるのかを解説!

出産後は赤ちゃんのお世話で、寝る暇もないほど忙しいですよね。
また、育児中心の生活になるので自分のことはついつい後回しになりがち・・・
妊娠前のように、美容やファッションに時間をかけることが難しくなってしまいます。

そこで、赤ちゃんが生まれて忙しくなる前に、エステサロンでボディケアをしておきたいと考える人もいでしょう。

そこでこの記事では、妊娠中でもエステを受けることはできるのかについてまとめました。

妊娠中は受けられないコースもある

「出産後は育児で忙しくなるから、今のうちにボディケアをしておきたい」
「マタニティ婚だけど、結婚式のために少しでもキレイになりたい」

妊娠中でも痩身エステを受けたいと思う女性は、意外と多いです。
しかし、妊娠中はエステのメニュー、施術内容によっては受けられないものもあるので注意が必要です。

痩身エステの代表的な施術に、ラジオ波やキャビテーションがあります。
これらは高周波や超音波をにより、脂肪を分解したり筋肉の代謝を高めたりすることができのが特徴です。

しかし、キャビテーションやラジオ波は、お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすと言われているので避けなければなりません。

他にも、強い力でお腹や太ももをもみほぐすハンドマッサージやリンパマッサージなども体に負担がかかるため、妊娠中にはおすすめできません。

エステサロンの痩身コースに通っている最中に妊娠が分かったら、コースの中断か解約をする必要があります。
契約内容によっては、出産後に再開できることもありますから、エステサロンに確認、相談してみましょう。

妊娠中でも受けられるエステのメニュー

妊娠中はすべてのエステが禁止というわけではなく、妊娠中の体に特に問題がなければ受けられる施術もあります。

超音波機器を使わないフェイシャルエステなどは、妊娠中でも安心して受けることができます。
妊娠中はホルモンの影響によって体毛が濃くなることがありますから、顔の産毛のシェービングを行うことも可能です。

また、妊婦さんを対象にしたマタニティエステを行っているエステサロンもあります。

痩身ではなくリラクゼーションを目的としたものですが、妊娠中に起きやすい体のむくみや腰痛の緩和にも効果が期待できるでしょう。

さらに妊娠中で精神的に不安定になっている時期も、マッサージを受けてリフレッシュすることができますね。

エステが受けられるのは妊娠初期を過ぎた安定期から中期ごろですが、少しでも体調に不安を感じたら無理して受けるのは止めたほうが良いでしょ。

まとめ

妊娠中は超音波を用いた機器や、強い力のマッサージを行う痩身エステを受けることはできません。
ですが、リラクゼーションを目的としたマタニティエステやフェイシャルエステなどは受けることができます。

ただし、妊娠している旨を必ずサロンに伝え、不安がある場合は担当の医師に相談してから受けるようにしましょう。