赤ちゃんの成長に伴って生じる妊娠線や肉割れは、多くのママさんを悩ませる存在です。実に6~7割以上の方に妊娠線が現れると言われています。そこで今回は妊娠出産を経て妊娠線や肉割れが生じてしまったママさん向けにキャビテーションの活用法をご紹介していきます。

妊娠線ができる原因とは

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三層から出来ています。表皮は普段から目に見える部分で、真皮と皮下組織は表皮の内側にあるので見ることは出来ません。

表皮はある程度、伸縮する出来るのですが、真皮や皮下組織は急激に伸びること出来ません。妊娠に伴いお腹が大きくなってくると、真皮や皮下組織も徐々に伸びていきます。

しかし、お腹の子が育つスピードが早く、真皮や皮下組織の伸びの限界を大きく超えてしまうと、真皮や皮下組織は裂けてしまいます。この時、表皮に亀裂のような赤紫色の線状班が現れます。この赤紫色の線状班が妊娠線の正体なのです。

また、妊娠線は皮膚の伸びだけでなく、コラーゲンの断裂や産生不良も影響しています。表皮に現れる赤紫色の線状班は、真皮層にあるコラーゲン繊維の亀裂や断裂が大きく影響しているからです。

コラーゲン産生の低下も影響している

コラーゲンには肌のハリや弾力をキープする作用があります。10ヵ月という短期間で急激に成長するお腹の場合、どんなに成長ホルモンが豊富な人でも、皮膚の伸びにコラーゲン産生が追い付かないという状態に陥ります。

また、妊娠中の女性はホルモンバランスの変化によってターンオーバーの働きが抑制され、普段よりもコラーゲン産生が低下し、皮膚組織の断裂が起こりやすい状態といえます。

このようなメカニズムから考えても、妊娠中に生じる肉割れや妊娠線は誰にでも起こり得るのです。

妊娠によってコラーゲン産生が低下しすると、顔のほうれい線やシワも増える傾向があります。ですので、妊娠線とともにさまざまな肌不調が生じている場合は、エイジングケア化粧品の活用を検討してみてください。

妊娠中にコラーゲン配合のサプリメントを飲む場合には赤ちゃんへの影響も考え、掛かり付けの医師にご相談ください。

キャビテーションを受けられる時期

悩んでいる女性

妊娠線を消すためにエステサロンのキャビテーションを利用する際には、授乳を終えたタイミングからスタートするのが理想です。

お腹に赤ちゃんのいる妊娠中に腹部にキャビテーションの超音波を当てるというのは、胎児への影響を考えるとおすすめできません。また、授乳中はキャビテーションによって乳化した脂肪が母乳に流れてしまう状態になります。

赤ちゃんに何かしらの影響を与えないためにも、妊娠中や授乳中のキャビテーション施術は避けた方が良いです。現在、妊娠中で妊娠線や正中線が気になっているという方は、妊娠線クリームなどを活用すると良いでしょう。

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

キャビテーションを受けるメリットと回数

キャビテーションはハンドマッサージのエステよりも、妊娠線や肉割れの改善効果が大幅に期待でき、リバウンドが起こる心配もありません。

また、これまで使っていた妊娠線クリームやコラーゲン配合のサプリメント、栄養補助食品などの使用頻度も徐々に減少していきます。

キャビテーションで1部位の妊娠線や肉割れをケアするまでには、約5~10回程度ほど施術を受ける必要があります。期間にすると約3~6ヶ月程度です。

しかし、キャビテーションを受ける回数や頻度は、肉割れや妊娠線の状態、脂肪の厚さ、部位よっても差があります。そのため効果の感じ具合も個人的があります。

ですから、キャビテーションを受ける正確な数字を知りたい場合には、無料カウンセリングの時にスタッフに状態を見せて判断してもらうと良いです。

キャビテーションでコラーゲン産生を促進!

キャビテーションの超音波は、脂肪細胞を溶解して血行不良を改善する働きがあります。また真皮や皮下組織にあるコラーゲン繊維にも影響を与えます。

キャビテーションマシンによりコラーゲン繊維が温められると代謝が促進されます。代謝が上がるとコラーゲン産生やターンオーバーも促進されますから妊娠線の改善が期待できます。

妊娠中は断裂したコラーゲン繊維の間に脂肪が絡みつき、セルライトが生じやすい体質になっています。そのため、お尻や太ももといった下半身にセルライトがつきやすく肌表面がボコボコしてしまう人も多いです。

キャビテーションはセルライトも溶かすことができるので、ボコボコした肌を滑らかにする効果もあります。

参考:キャビテーションで得られるメリットと効果について

キャビテーションを受けたママさんの声

妊娠線や妊娠太りの解消法として、キャビテーションを利用しているママは非常に多いです。口コミサイトの中には「キャビテーションによって肌が滑らかになった!」というママたちの声も多く見受けられます。

その他にも、「セルライトのボコボコや肉割れが改善された」という声も多く、キャビテーションは出産前の体型に戻すのにも一役買っているようです。下半身の肌が滑らかになると美脚効果もアップしますので、妊娠前に穿いていたミニスカートやショートパンツの出番も増えるでしょう!

出産後のママさんのエステ選びについて

出産後は子供を育てるために衣服や食事、生活用品など色々とお金がかかってしまいます。そのためエステに行きたいけど、なかなか行けないという方もいるかもしれません。

やはり、出産後のママさんにはキャビテーションの料金が安いエステサロンがオススメです。そこで、キャビテーションの料金が安いエステサロンを紹介していきます。

各大手サロンであれば、キャビテーションの体験コースが用意されています。この体験コースだけを受けてみるというのもありです。しかし、本格的に妊娠線や肉割れを解消したい、産後ダイエットをしたいという場合にはある程度サロンに通う必要が出てきます。

本格的にボディケアを行う場合には、月額制のエステサロンがオススメです。毎月、定額料金なのでお財布にも優しいです。各エステサロンは以下のページで詳しく紹介しています。

体験コースの料金が安いエステランキング

注目を集めている月額制のエステサロン

まとめ

キャビテーションは下半身太りや妊娠線に悩むママたちにも、高い効果を発揮する施術です。脂肪細胞の破壊、コラーゲン産生促進といった効果があるので、妊娠線や肉割れも解消されていきます。

キャビテーションを活用してボディメイクを行うと次第に痩せ体質になっていきますので、産後ダイエットとしてチャレンジしてみても良いでしょう。