自己流ダイエットではできない特別なボディケアが受けられる痩身エステですが、エステに行く当日に急に生理になってしまったという方もいるでしょう。体調や肌の調子に変化の出やすい生理中は、痩身エステの施術を受けることができるのでしょうか。

今回は、生理中に痩身エステに通うことができるのかについてまとめました。すでにエステを予約しており、当日に生理がきそうだなと不安になっている方も参考にしてください。

生理中の痩身エステは避けたほうがよい

生理中は月経だけでなく肌の調子や体調に様々な変化をもたらしますから、生理中はなるべく痩身エステの施術は避けたほうが良いと言われています。

大手エステサロンの一つである、たかの友梨ビューティクリニックの公式サイトには「生理中はボディコースはお避けください」と記載があります。また、エステティックTBCでも、生理痛等で体調がすぐれない場合があるので施術をオススメしませんとのことです。

事前に電話で確認することをオススメ

予約が取りづらい中、スケジュールを調整して施術を楽しみにしていたのに、生理のために受けられないのは残念ですが、サロンによっては体に負担の少ないメニューに変更してくれることもありますから、まずはエステサロンに電話して相談してみましょう。

早く痩せたいと思うあまり、生理中でも無理をして施術を受けると貧血などで体調を崩す場合もありますから、焦らず体調を整えながら様子を見るのが良いでしょう。

痩身エステは生理後すぐがベストタイミング

生理中は痩身エステはなるべく避けるのがおすすめですが、痩身エステの効果をより感じられやすいのが、生理後すぐから1週間前後です。この時期は女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が多いので、脂肪が燃焼しやすく、エクササイズの効果も出やすいと言われています。

逆に排卵後から生理前はプロゲステロンという女性ホルモンが増えるため、代謝が滞って痩せにくい体質になります。この時期にエステを受けても体重の減少はあまり期待できませんが、エステでマッサージを受けることでリラックス効果を得られ、むくみや生理前のイライラ軽減に役立つかもしれません。

ダイエットと生理周期は密接に関係していますから、エステで施術を受ける際も、生理周期に合わせると、より効果が期待できるでしょう。

まとめ

生理中は体調の変化が起きやすいので、エステサロンの痩身メニューは避けたほうが良いです。エステサロンによっては負担の少ない施術内容に変更してくれる場合があります。

また、エステサロンは契約期間や回数に制限がある場合もありますので、毎月の生理中はどうすればよいのか契約前に確認しておきましょう。

生理前は代謝が悪くなったり、生理後は脂肪が燃焼しやすくなるなど、女性の体は生理周期によって変化しますので、生理周期に合わせてダイエットを行うとより効果的でしょう。