ダイエットを頑張っているのに、なかなか体重が落ちない、脂肪が多くて自分の力だけでは理想のスタイルになれそうにない時に、脂肪吸引という文字をみたら一度は気になることでしょう。

厳しい食事制限やエクササイズで少しずつ脂肪を落とすのではなく、一気に余分な脂肪を取り去ってしまえる脂肪吸引は、とても魅力的です。では、脂肪吸引がどこで受けられるのか、いくらかかるのかなど気になる点について調べてみました。

脂肪吸引は外科手術を伴う医療行為

脂肪吸引もエステサロンも痩身を目的として行われるのですが、脂肪吸引と呼ばれる方法の多くは、麻酔を使った外科手術です。ですから、エステサロンではなく美容外科クリニックなどの医療機関で行われています。

脂肪吸引は信頼できるクリニックで

脂肪吸引と一言で言っても、取り除きたい脂肪の量や部位に応じて様々な方法があります。吸引部分に金属管を挿入し、ポンプなどで脂肪を吸引する方法や、超音波やジェット水流を当てて脂肪を溶解させながら吸引するなどの方法があり、仕上がりや他の組織への影響も異なります。

このような脂肪吸引は、痩身エステの施術以上に、体にかかる影響が大きいので、信頼できるクリニックで経験を積んだ医師に担当してもらうのが良いでしょう。

痩身エステと脂肪吸引の違い

エステサロンでも美容外科クリニックでも、脂肪を減らす痩身を目的として施術を行いますが、エステサロンの施術は脂肪細胞を小さくしたり脂肪細胞間に溜まった水分や老廃物を流してサイズダウンを目指します。

一方、美容クリニックで行われる脂肪吸引は、減らしたい部分の脂肪を吸引して脂肪細胞そのものを減らします。

エステの施術では一時的に痩身効果が得られても、脂肪の多い食生活が続いたり、血行が悪く老廃物が溜まってしまうと、脂肪細胞が再び肥大化したり、脂肪細胞の間に余分な水分が溜まってリバウンドしてしまいます。脂肪吸引では、肥大化する脂肪細胞が無いのでリバウンドがほとんどないです。

脂肪吸引は医療行為にあたるのですが、エステサロンと同じで健康保険が適用されません。このため、美容外科クリニックによって値段が異なり、1回の治療で数十万円以上の高額な費用がかかります。部位によっては数回に分けて施術を行うこともあるので、その分費用がかさむこともあります。

また、エステサロンは医療機関ではないので、使用できる薬剤や機器の出力などに制限があるため、美容クリニックに比べて得られる効果は全体的にマイルドなものになります。しかし、エステサロンのほうが比較的低料金であったり、アロママッサージなどリラクゼーションメニューがあること、病院に比べると敷居が低い印象があり、気軽に入りやすいなどのメリットもあります。

最近では「切らない脂肪吸引」とも言われているキャビテーションが人気の施術となります。

参考:痩身エステのキャビテーションとは

まとめ

脂肪吸引は麻酔を使って行われる外科手術ですから、エステサロンではなく美容クリニックなどの医療機関で行われます。エステの施術よりも体に与える影響が大きいので、症例数が多く信頼できるクリニックを選びましょう。