上半身に脂肪はつきにくいのにお尻や太ももなど下半身に脂肪が集中してしまう悩みを抱えている女性は多いことでしょう。今回は、そんな女性が実際にキャビテーションを受けた体験談をご紹介いたします。

自分に合えば驚きの効果を発揮するキャビテーション

女性 30代後半

私は元々美意識は高い方ではなく、20代の頃は食事制限や運動なども一切せず、好きなものを好きな時間に食べていました。それでも、両親が痩せているせいかあまり極端に太ったりすつこともな、一般的に言う痩せ型体型でした。

ところが、35歳を過ぎた頃から何となく自分で少し体型がゆるんだかなという気がして、それを機に急に自分の体型が気になり始めました。特に下半身は一気に私のコンプレックスとなってしまいました。

元々、上半身には全く肉がつかないタイプでしたので、その代わりに太るのはいつも下半身、パンツをはけばすぐに気づくという感じでした。

若い時から全くと言っていいほどダイエットをしてこなかったので、何をすればいいのかわからず、とりあえずネットで検索してみたところ、痩身エステで行われる「キャビテーション」という施術を知ったのがきっかけです。

あまりに長年の間、自分の体を放置してきてしまったということと、私の場合、全体的に痩せるのではなく下半身を細くしたいという部分痩せが希望だったこともあり思い切って痩身エステの体験コースに申し込んでみました。

私は、柏にあるグレイスボディというお店に行き、お尻を中心に下半身全体にキャビテーションをやっていただいたのですが、何もかもが初めてで、最初は「体験コースだけでは結果は出ないだろうけど、ちょっとでも細くなったらラッキー。」くらいの気持ちでいました。

結果は驚きと嬉しさで満たされるものでした。before・afterの写真を撮っていただき、採寸もしてもらったのですが、自分でも明らかにわかる写真での変化に満足しました。

数字ももちろん減ってはいましたが、自分の中では数値よりも見た目重視でしたので、とにかくお尻の下の肉が少し削れていたことで、私はすっかりキャビテーションの虜になりました。

また、私がキャビテーションを気に入ったもう1つの理由は、痛みが全くないことでした。自分に甘く、痛かったり面倒なものはまず続かないと思っていましたので、その点もとても自分に合っていました。すぐに正規のコースに申し込み、まずは4回コースで様子を見ることにしました。

最初は脂肪が固くなっているので週に1回が理想と言われ、とりあえず4回はやってみようと、週1回のペースで頑張って通いました。4回を一区切りと考え合計で8回通った後で、before・afterの写真を改めてすべて並べてみたところ、お尻がかなりサイズダウンしていました。

お尻から太ももにかけてのお肉が削れると、お尻の延長と化していたところが本来の脚に戻ってくれていました。自分の下半身を気にし始めてから、デニムをはいても丈の短いTシャツなどを一切着られなくなり、おしゃれの幅も狭まってしまっていたのが、堂々とスキニーデニムにショート丈を合わせられるようになりました。

お金をどこにどれだけかけるかは、それぞれの価値観ですが、私は総合的に考えて自分の満足度や見た目の変化に対して、決して高いとは思いませんでした。

ただ、どのような経緯で脂肪がついてしまったかによって、効果的な施術方法も異なるということでしたので、ぜひ手頃な価格で試せる体験コースをまずは受けられてみることをお勧めします!