太ももが太くなってしまって悩んでいる女性は意外と多いです。キャビテーションで太ももを細くして自分の理想の足にしたいですよね。

そこで今回は太ももを実際にキャビテーションで細くした女性の体験談をご紹介します。

キャビテーションで自分が理想とする足になれた!

女性 20代後半

23歳の時に立ち仕事をしていたのですが、その立ち仕事を辞めてから急激に体重が増えて太ってしまいました。

仕事を辞めてからは食生活も乱れ、運動もせず、しばらく働かずにダラダラ生活を続けていました。すると、体重が+7キロ、体脂肪も+5%増えてしまい、見た目もぽっちゃりしてきて、特に太ももがパンパンになっていました。

太ももの脂肪が今までつかめなかったのが、つかめるようになっていました。太ももを手でギュッと絞ってみると、セルライトが沢山あらわれるようにもなりました。お尻も太った事により、太ももとの境目が分かりづらくなってしまい典型的な下半身太りの体系に変わっていたのです。

このままではまずいと思い、エステサロンに通う事に決めました。池袋の東口にあるエステサロンでキャビテーションコースに通っていました。

キャビテーションを受けていた部分はお尻、前側の太もも、後ろ側の太もも、内ももを脂肪の減り具合を見ながら受けていました。

初めてキャビテーションを受けた時は内出血をおこしました。内出血がでる部分はセルライトが多くついている部位で、キャビテーションを受けると潰されているような感覚がありました。

また、その部分をマッサージされると痛かったので、セルライトや脂肪の状態が悪かったのだと思います。ですが、通いだすと内出血することもなくなりました。

1回でも見た目の足のスッキリ感が分かり、施術を受け終わった後の感覚もむくみが抜けたような感じがしました。触ってみても硬かった脂肪が柔らかくなっていて、脂肪の量が減っている感じがしました。

三ヶ月ほど週一ペースで通い続けましたが、結果的に太ももは立ち仕事をしていた時より細くなり、今までで一番足痩せする事ができました。太もものお肉が絞れるくらいついていたのが、つまむ程度の量になり、お尻と太ももの境目がなかったものが、分かるようになりました。

前の太もものはり感はもう無理だと諦めていたのですが、スッキリしました。そして、体重も完全に戻す事はできなかったのですが、-4キロ、体脂肪に関しては戻す事ができました。

高校生の頃から太ももの太さは悩みだったのですが、キャビテーションを定期的に受けるようになって、初めて自分の理想の足になれた事がとても嬉しかったです。

ただ一つ気になったのは脂肪が柔らかくなりすぎてしまったような気がします。私は最初、キャビテーションのみ受けていたのですが、途中から脂肪の柔らかさが気になり、たるまないか心配だったので、有酸素運動したりしました。

結果的にそれ以上たるむ感じはなかったのですが、キャビテーションのみだと、たるみやすいなんて話っも聞いたので、是非運動を一緒に取り入れることをオススメします。